転職活動時の年齡によって評価されるポイントが異なります

 転職活動において、応募者が面接時にアピールすべき主なことは現在までの実績です。このことは良く知られていますが、採用する側からすれば、たとえ求人情報に記載していなくても、実績のみならずその人の年齡も判断材料に加えています。つまり、その年齢相応の仕事を積み重ねてきたかどうか、ということも見ているわけです。以下、20代と30代以上の転職希望者の評価ポイントの違いを説明します。

《関連記事》
キャリア向け求人
xn--cckva6n2a9085a89zb.net
キャリア向け求人は非公開の情報が主になります。あなたに合った転職エージェントの探し方。

 20代の応募者の場合、即戦力として活躍できることは望ましいのですが、それと同等に評価される部分は、「伸びしろがあるか」という点です。実力本位でバリバリと仕事をしてきたことはもちろん評価に値します。しかし、仕事というのはチームプレイであることがほとんどであり、そしてそのチームならではの仕事スタイルというものがあります。その仕事スタイルに馴染めるか、そしてその仕事スタイルに適応出来るだけの勉強力が備わっているかどうかを採用する側は見ます。

 一言で言えば、「この20代の応募者は、教え甲斐があるか」という部分が評価ポイントになります。したがって、実績がそれほどない応募者であっても、「学習能力と適応能力」に秀でている部分が自身にあれば、その部分を主なアピールポイントにして転職時の面接に望むと良いでしょう。

 一方、30代以上の転職希望者の場合は、20代転職希望射に求めるような学習能力と適応能力よりも、そういった能力を有した人材を「まとめる能力」を主に見られます。したがって、管理者としてのキャリアがこの年齡で積まれていない場合は、それを補って余るほどの仕事上のスキルを先方企業に提示する必要があります。

 このように年齡によって評価されるポイントは微妙に異なってきますので、転職希望者はそこを抑えた上でアピールポイントを練っていけば、よりスムーズに転職活動を行えるでしょう。